相続

相続財産


相続財産とは

  相続財産とは、被相続人が死亡した時点で有していた財産です。相続財産について、何がどのくらいあるかを正確に把握することは、 遺産分割するうえでも、相続税を納める前提としても重要なことです。あとで新たな財産が見つかった場合、再度、遺産分割しなければいけませんし、 相続税については修正申告しなければならないからです。

相続税が課税される財産


相続税の対象となる財産は大きく、1.本来の相続財産、2.生前の贈与財産、3.みなし相続財産の3つに分類されます。
1.本来の相続財産
相続人による遺産分割の対象となる財産のことです。

2.生前の贈与財産
相続により財産を取得した者が、相続の開始日から3年以内に取得した被相続人からの贈与財産及び相続時精算課税の適用を受けた財産のことです。 これらの財産はすでに被相続人の所有から外れていますが、相続税の計算上は本来の相続財産に上乗せします。

3.みなし相続財産
本来的に被相続人の財産ではないが、相続税の計算上はこれを相続財産とみなして、本来の相続財産に上乗せする財産のことです。 死亡保険金、死亡退職金などがこの分類に属します。

相続税が課税されない財産


相続や遺贈によって取得した財産のうち、以下のものなどが非課税財産とされています。

1.皇室経済法の規定によって皇位と共に継承されるもの、
2.墓地・霊廟・仏壇・祭具など、
3.公共事業用財産、
4.国や地方公共団体や公益法人に寄付した財産、
5.相続人等が受け取った生命保険金や死亡退職金のうち一定額(500万円×法定相続人の数)
・相続税がかかるケース
  (資産)-(負債)≽5,000万円+1,000万円×法定相続人の数
  たとえば、相続人が妻と子供2人の場合、5,000万円+1,000万円×3=8,000万円
  8,000万円超の場合のみ課税されます。
  相続財産が9,000万円の場合、9,000万円ー8,000万円=1,000万円
  1,000万円が相続税の課税対象です。

このページのトップへ

主な相続財産


プラスの財産(資産)


  • ・不動産(土地・建物)
  • ・借地権、貸宅地
  • ・現金、預貯金、有価証券(小切手、株券、国債、社債など)
  • ・生命保険金、退職手当金、生命保険契約に関する権利
  • ・貸付金、売掛金
  • ・特許権、著作権
  • ・貴金属、宝石、自転車、家具
  • ・ゴルフ会員権
  • ・書画、骨董
  • ・自社株など

マイナスの財産(負債)


  • ・借入金、買掛金
  • ・未払の所得税、固定資産税、住民税等の公租公課
  • ・預かり敷金、保証金
  • ・未払の医療費

このページのトップへ

<< 相続分の増減 遺産分割 >>
お問い合わせ

Copyright (C) 2010 冨永正道行政書士事務所 All Right Reserved