相続

遺言執行者


  遺言の内容を実現するためには法的な専門知識が要求されるケースが少なくありません。 また、相続人や受遺者の利害関係が相反する場合も多く、手続がスムーズに進まないという事も起こりがちです。 このような場合に、遺言内容の実現に必要な各手続を、第三者の立場から公平に実行してくれる人を選任するために設けられているのが 『遺言執行者(ゆいごんしっこうしゃ)』の制度です。ただし遺言執行者を選任しなくても、遺言内容が実行されないわけではありません。

遺言執行者の職務

1.相続財産目録の調整
2.相続人全員への財産目録の交付
3.遺産の収集・管理・処分等
4.相続財産の交付
5.受遺者への財産交付

遺言執行者の指定

  遺言執行者は遺言で指定します。また、遺言で指定の委託をすることもできます。 もし、遺言で指定していなかったり、指定後、遺言執行者が死亡などしていた場合は、家庭裁判所に遺言執行者選任を請求することができます。

遺言執行者になれる者

『未成年者』・『破産者』以外の人は遺言執行者になることができます。相続人や遺贈の受取人でもかまいません。 遺言を実現するために相続に関する知識が豊富な方に前もって依頼してけば、より自分の意思を実現しやすくなるでしょう。 ただ、相続人の一人を執行者に指定しておき、その相続人が手続を行う時に、相続事務に精通した者へ依頼するということもよく行われています。当事務所は遺言執行人を引き受けます。すでに何人かの 遺言執行人に指定されています。

このページのトップへ

<< 遺言の方式 その他の諸手続き >>
お問い合わせ

Copyright (C) 2010 冨永正道行政書士事務所 All Right Reserved